パシフィックテクノス株式会社

商品案内 テクノロジー 会社案内 お知らせ HOME
 

4. 計画配車と動態配車

 車両運行管理において各車両に対する業務指示を「配車」と呼びますが、配車の方法を大きく分けると「計画配車」と「動態配車」に分けられます。

@計画配車
大都市圏の生コン工場のように大部分が前日までに確定した予定に対して出荷が行なわれる場合は、現場ごとの指定時刻に合わせて出荷のスケジュールを作成し、使用する車両の稼動効率を高めるための配車計画を作成することが車両運行管理の重要な機能となります。

自社の所有車両の不足分を他社からの応援でまかなう生コン工場にとっては配車計画によって使用車両の台数を少なくすることが輸送費削減の重要な手段となっています。

A動態配車
タクシーの配車のように大部分が当日顧客からの電話で発生する要求に対して行なわれる場合、タイムリーな配車を行なうためには車両の位置と状態が適確に把握されていることが重要なカギとなります。

タクシーの配車目標は配車回数を最大にすることでありますので、動的に発生するデマンドに対応できる配車のスピードが重要になります。

これら2つは典型的な「配車」方式ですが、計画配車中心の生コン輸送車においても当日発生する出荷要請への対応は動態配車が行なわれますし、動態配車中心のタクシーにおいても、日々のデマンドを分析することで運転手の出勤スケジュールを調整して稼働率を高めるための計画が必要となります。

5. システムの目的に応じた設計ポイント

 業務用車両運行管理のシステムは業態や地域によって求められる機能や効果、運用の形態や制約条件に幅があります。

私たちが手がけたシステムの中においても、生コンとタクシーでは大きな違いがあります。

しかし、その背景をなすシステムの要求定義、使用メリットの、それらを踏まえたシステム設計要件を概観すると、概ね次のようになります。

@システムの目的
多くのシステムにおいて「メリットの最大化」と「コストの最小化」が目的になり得ますが、システム導入の背景にある事情によってどちらに重点を置くか、微妙に異なってきます。
例えばタクシーはお客を増やすことによる売上増加で効果を上げようとしますし、生コン輸送は予め指定された納入を出来るだけ少ない費用で行うことを目的としています。

AGPSの役割
一般にGPSに期待する機能は正確な位置の把握ですが、上記の目的の違いによって位置情報を何に役立てようとするのか、に差が生じます。
例えばタクシーでは新しい顧客の配車要請に対して最も近い空車を見つけるためにGPSが利用されますが、生コンでは納入の正確性と帰着時刻の把握を通して計画に沿った車両運用を実現します。

B無線方式
業態と地域によって利用されている無線方式が変ります。移動無線は自家用無線として通信量の多いタクシーや都心の生コン工場でよく使用されます。Dopaはデータ専用の携帯電話帯域無線網であり、手軽に導入することができます。

C制御方式
実用的にはポーリング方式と自己発呼方式のふたつを組み合わせての運用となりますが、どちらに重きをおくかは業態、地域によって異なります。車両群の位置を確実に把握することを強く求められるタクシーではポーリングが主体となります。

D配車方式
翌日の納入予定が与えられる都市部の生コン工場では計画配車が主体となります。

E情報蓄積
システムの運用を通して蓄積される情報のターゲットを考慮する必要があります。

F情報活用
収集した情報はシステムの目的に沿って活用されます。

 以下の表1にそれらを要約いたします。

             表1 システム設計ポイントの比較例(タクシーと生コン輸送の場合)

比較項目

タクシー配車システム

生コン輸送システム

目的

@配車回数の最大化
A顧客待ち時間の最小化
B実車率の最大化

@使用車両台数の最少化
A納入時刻の厳守
B1台あたり運搬回数の最大化

GPS
役割

正確な車両位置の把握
空車時刻の予測

納入状況の把握
車両の工場帰着時刻の把握

無線方式

業務用移動無線

Dopa または 移動無線

通信制御

ポーリング主体
*位置の正確性が最優先

自己発呼主体
*移動中はデマンド発生少ない

配車方式

動態配車

計画配車中心

情報蓄積

時間帯別地域別乗車回数
平均顧客待ち時間

現場別所要時間
計画・実績差異

情報活用

待機場所指示
出勤シフト計画

計画精度の向上


                                                        前のページ
ホームへ戻るトップへ戻る
 
(C) 2004 Pacific Technos Corporation All rights reserved
サイトポリシー お問い合わせ サイトマップ